• 遺言による相続は弁護士を通して行う

    • 亡くなった人が遺言書を残していた場合には、その遺言に従って相続が行われることになります。



      しかし、実際に相続をするときにはいくつかの問題点が生じることもあるため、相続の手続きをするときには必ず弁護士を通して行うことが大切になります。
      なぜ弁護士を通して遺言の内容を進める必要があるのかというと、遺言書に示されていることであっても、それを現実的に実行することが不可能であることが存在するからです。
      この制度は遺留分の制度と関わりがあります。

      遺言書がないときには、民法によって定められた規定によって継承が開始されることになるため、民法に規定されている相続分に従って遺産を分割することができます。



      夫が亡くなった場合にはその妻は二分の一の財産をもらえますし、その子供にはその二分の一の割合でもらえます。



      しかし、遺言書に誰か特定の人物に財産を与える旨が書かれているときには、他の家族はその遺産を受け取ることができません。
      これはかなり不公平な事態だといえます。



      法律には、法定の割合できちんと遺産を分割することが可能であることが書かれているにも関わらず、亡くなった人の一方的な言い分によって財産を分割できるのでは法律で規定している意味がなくなってしまいます。



      そのため、このような事態を避けるために法律には特別に、遺言があっても最低限の財産を継承できる遺留分の制度が存在するのです。


      こうした制度は、弁護士を通さないと詳しい割合がわからないため、実際に相続をするときには必ず相談しなくてはいけません。



  • 関連リンク

    • 相続の優遇制度を弁護士に確認する

      相続は、家族が亡くなったときには必ずしなくてはいけないものです。なぜそのようなことが言えるのでしょうか。...

    • 遺言による相続は弁護士を通して行う

      亡くなった人が遺言書を残していた場合には、その遺言に従って相続が行われることになります。しかし、実際に相続をするときにはいくつかの問題点が生じることもあるため、相続の手続きをするときには必ず弁護士を通して行うことが大切になります。...